『歩いても 歩いても』

2008年6月28日(土)ロードショー

阿部寛 夏川結衣
YOU 高橋和也 田中祥平
樹木希林 原田芳雄
監督・原作・脚本・編集:是枝裕和


イントロダクション

[脚本に惚れこんだキャストの絶妙なアンサンブル]
 主人公の横山良多を演じるのは、阿部寛。シリアスからコメディまで縦横無尽にこなす実力派として活躍する阿部が、不器用で、40歳になっても父へのコンプレックスを克服できずにいる、誰の身近にもいる平凡な男を等身大のリアリティで演じてみせる。阿部寛と同じく、是枝監督と初顔合わせになる樹木希林が演じるのは、良多の母親とし子。夫や子供の世話を生きがいにしてきた専業主婦であり、人生経験に裏打ちされた辛辣な言葉も口にする、家族の中心である母親だ。樹木希林は、とし子の優しさと残酷さを見事に表現して、24時間の出来事の中に彼女の半生を凝縮させる。さらに、夏川結衣、原田芳雄、YOU、寺島進、高橋和也を加えた贅沢なキャストが是枝監督のオリジナル脚本に惚れこみ、自由かつ熱い意見を交わしながら、役を自分のものにしていき、極上のアンサンブルが生み出された。
また、撮影の山崎裕や美術の磯見俊裕をはじめ、是枝監督の作品を支えてきたスタッフが今回も集結。横山家とその周辺、海を見晴らせる墓地という限定された空間での24時間のワンシーンワンシーンに、普遍的と思わずにいられない家族の物語を見事に浮き彫りにさせたのだ。

Back 3/4 Next


KORE-EDA HIROKAZU Official Website
シネカノン公式サイト